費用をかけないパソコンの処分方法はいろいろある?

パソコンを処分する時は通常はリサイクル法によりお金が発生してしまいます。自分で組み立てたパソコンは購入時にお金を払っていない為、引き取る場合に有料となってしまいます。パソコンはとても大事な資源の一つであり、例え古いパソコンでもシステムによってはまだまだ現役で活躍できる貴重な宝なんです。

 

その為にお金がかからないパソコン処分方法は沢山あります。動作がしないパソコンでも破損等していなければ、ハードウェアの買取専門店に持っていけば買い取って貰えることもあります。なぜならパソコン本体の内部は複数のパーツで組み合わさっている為にユーザーが分解しやすい構造になっています。

 

その為に不足したパーツを追加や取り替える事で復活する事ができたり、特殊な部品でも同じパソコンを組み合わせて1台にしたりする事が容易だからです。今のOSが動作しない古いパソコンでも世の中現役で使えて、軽く動作ができるOSは他にも沢山存在しており、それらを使えば現役ですぐに使うことができます。

 

また、パソコンはゴミではなく資源として考える事ができるのでお金を出してでも買い取ってくれます。パソコンを処分する時はパソコンの回収業者に渡したり、ハードウェア買取専門店に持って行くと安上がりですが、まだ使えそうな物の場合はネットオークションなどで出品して、誰かに買ってもらうとパソコンを処分してお金をもらう事もできるのでやってみる価値は十分にあります。

 

パソコンはお金をかけて処分するのは勿体無いので、それぞれ実行可能な処分方法を選択すると良いでしょう。

パソコンを高く売るために行なうこと

パソコンを高く売る為には箱や取扱説明書などの付属品を綺麗な状態で保管しておく事がとても重要です。パソコンを売る時に査定を受ける事になりますがパソコン本体の傷などの状態は当然として外箱のダメージも結構見ています。もう捨ててしまったという方は次のパソコンを購入した時こそはしっかりと保管をしておいてください。

 

パソコンを売る時にハードディスクやメモリーなどを取り外して分割して売るという方法を取っている方もいるかもしれませんが、きちんと動作しているのであれば付けたまま売った方が高く買い取ってくれます。ただマザーボードやメモリーが壊れてしまったという場合には分割して出した方が効率が良いので取り外すようにしましょう。

 

そして忘れてはならないのがハードディスクの取り扱いについてです。ハードディスクが装備されたままの状態のパソコンの方が当然高く売れるので(購入者が新しい物を買う必要がない為)出来れば付けたまま売りたいところですが、仕事や私用のデータファイルはゴミ箱を空にしただけでは簡単に復元する事が可能です。HDDやSSDのフォーマットの仕組みをしっかりと理解した上で、心配であれば買い取り金額は安くなってしまいますが取り外して処分するようにしましょう。

パソコンを実際に処分した方の経験談

パソコンを買取業者に持って行ったKさん

27歳の頃に初めて自分のパソコンを購入しました。バイオのノートパソコンでした。そこから私の本格的なパソコン生活が始まったわけです。
5年程使いましたでしょうか、そんなに頻繁には使っていませんでしたが、テレビ機能付きのデスクトップPCが欲しくなって買い換える事にしました。
古いパソコンの廃棄はどのようにすればよいのか悩みました。オークションに出せば売れるでしょうが、中のデータを悪用されても困ります。
同時に知人にあげたり、売るのも心配です。壊して廃棄しようかとも思いました。
そんな時に自宅近くにあるPC買い取り業者が目にとまりました。古くなったパソコン買い取りますとの事。データの初期化もおまかせ下さいとあります。
これはちょうどよいと思って持って行きました。するとまずは査定をしてくれるとの事なのでお願いすると何と古いPCを1万5000円で引き取ってくれるというのです。
そんな高値がつくとは思っていませんでしたので、非常に嬉しかったです。
すぐに買い取りをお願いしてめでたくさよならとなりました。
それからは買い換えの際はPC買取り業者に買い取りをお願いするようにしています。

壊れたパソコンでもオークションで売ったSさん

これまでかなりの数のPCを壊してきました。壊したというよりは使いきって壊れたというのが正しい表現ですが、何度となく捨てることを考えましたが、そのたびにヤクオクで売却して廃棄せずに済んでいます。実際こんなものが売れるのかと思うような状態でも売却することができました。もちろん大した金額にはなっていませんが、1円オークションから売りに出してジャンク扱いにしても引き取ってくれる人が結構います。またHDDとかメモリとか部品にばらして売るのでもそれなりに売却できます。主要部品がなくなったどんがらだけでも1円からスタートして数百円で売却ができたこともあります。
こうした部品を買ったりするひとたちは、いろいろ集めてリビルドをしているのだと思いますし、自分である程度部品を入れ替えて修理して自作PCの延長線上で利用しているのではないかという感じが実際の売却後のやりとりでもわかりました。驚くのはほとんどジャンク品だと告知しているのに競っていくと5000円以上で売れてしまったりと、ちょっと売っている本人がその価値を理解できないような価格がつくこともありましたので、まずは正確なスペックをカタログなどから転載して、オークションで売却できるかどうかを試してみることをお勧めします。たとえ部品取り用でもまるまる買い取ってくれる奇特な方が現れる可能性が高いので、ぜったいお勧めです。エコという視点でもこれは結構重要ではないかと思います。捨ててしまえばそれまでですが、部品として二次流通すればまだ価値は残ります。最近PCの人気はいまひとつですが、まだまだ市場は残されています。一度試してみることをお勧めします。

最初からダメだと諦めずに一度パソコンの買取業者やオークションに出品してみるのも1つの方法ですね。

 

それでもパソコンの処分ができなくて困った際は、当サイトを利用すれば無料で回収させていただきます。液晶が破損しているモニターは回収できませんが、電源が入らなかったり、入っても映像が正常に映らない等の壊れているパソコンでも無料で回収できます。